ABOUT AGA

AGAについて

AGAとは

AGAの症状

原因とタイプ

受付から診察

治療

 
 

AGAとは

AGA(Androgenetic Alopecia)=「男性型脱毛症」
成人男性に多くみられる脱毛症です
 
AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、女性の場合は女性を表すFemaleの頭文字をつけてFAGAと呼ばれます。
日本人男性の場合、20歳代後半から30歳代にかけて前頭部と頭頂部の薄毛が発生し、徐々に進行していきます。

女性は男性と異なり、頭頂部の広い範囲で頭髪が薄くなります。男性の場合は20代で約10%、30代で 20%、40代で30%、50代以降で40%以上の方が薄毛を自覚しています。男性型脱毛症の発症には遺伝と男性ホルモンが関与します。

AGAの症状

毎日の事なので気が付きにくいかもしれませんが、一番分かり易いのは、眉毛から生え際までメジャーを当ててどれくらいの距離があるか、日々ミリ単位で測っておく事をお勧めいたします。

さらに写真を撮って、前頭部(額のあたり)と頭頂部(てっぺん)を記録しておくのも良いかと思います。

お風呂に入る前に排水溝を一度掃除して、毛が流されない様にキッチンネットなどを仕込んで回収し、数えてみるのも良いです。個人差はありますが、一度のシャンプーで200本以上抜けていたら注意が必要です。

  • 髪にハリやコシが無くなってきた

  • ボリュームが出ずらくなってきた

  • 分け目が以前よりも広がってきた

  • シャンプーをした後排水溝に髪がどっさりと詰まっていた(200本以上が目安です)

  • 目が覚めた後に枕を見ると毛が沢山ついている

  • 額の生え際が以前より後退している気がする

  • 生え際に短いピンピンする毛が目立つようになってきた

  • 以前よりスタイリング(髪型のセット)がしにくくなった

  • 第三者から薄くなっていると指摘を受けた

 
 

原因とタイプ

生活習慣や食生活、ストレスなどの原因が考えられますが、AGAのもっとも大きな原因の一つが男性ホルモンによる影響です。髪の毛の成長が遅くなり、伸びる前に抜けていってしまうのが最も大きい要因です。

受付から診察の流れ

病歴や服用しているお薬などについて
 
当院では、適切な診断・治療のために問診を行ないます。
現在かかっている疾患や服用中の薬について、詳しくお聞きします。
1. 受付
  男性医師と男性スタッフのみが対応させて頂きますので、ご安心ください。
2. 問診
  現在治療中の疾患や服用中のお薬などについて問診票にご記入ください。
3. 診断
  問診と診察の結果から、AGA治療薬を服用できるかどうかを判断します。
4. お薬の処方
  AGA治療薬を処方する場合、お薬の服用方法・注意点などをご説明させて頂きます。
  お薬は、当院で処方致します。
5. お会計
  AGA治療には健康保険が適用されません。診察費、検査費、薬剤費などは全額自己負担となります。
 
 

治療

AGAの治療方法は1つだけではありません。 その人それぞれの背景に配慮しながら、最適な治療法を行うことが重要です。当院では、原因を分析し様々な角度から治療方法のアプローチをしていきます。男性型脱毛症の診断は問診、視診によって行います。男性型脱毛症と診断された場合、主に内服薬と外用薬を用いて治療を行っていきます。
〒460-0002
名古屋市中区丸の内1丁目5-15
TEL.052-228-7900

Menu

Contact us