心療内科

 

現代社会では様々なストレスが存在しています。仕事・学校・家庭など、ストレスを引き起こす環境は多岐に渡りストレスの感じ方も人それぞれです。過度なストレスは、心や身体の健康に悪影響を及ぼします。

ストレスと上手につきあうことで健康の維持、増進が図れます。内科的治療を行っても症状の改善が見込めない方・日常生活が困難になっている方、 食生活や生活習慣改善の必要性を理解しているが実行出来ずにいる方、まさか自分の症状にストレスが関係しているとは思っていない方も、一度心療内科を受診してみてください。

こんな症状でお悩みの方は当院にご相談ください

睡眠障害

夜、なかなか寝付けない、途中で何度も目が覚めてしまう、ぐっすり眠った気がしないなどの症状です。

認知症に伴う症状

認知症が原因で、今までできていたことができなくなってきた、怒りっぽくなったなどです。

統合失調症

幻覚、幻聴や妄想などの症状が代表的です。他にも、様々な症状が現れます。

双極性障害

「躁状態」と「うつ状態」この2つの気分が繰り返される病気です。

こんな症状で

お悩みでは

ありませんか

うつ病

眠れない、頭痛がする、食欲がない、抑うつ気分や思考力の低下、意欲の低下などの症状です。

不安障害

不安や心配、悩みがある、緊張して人前では話せない、ソワソワ、イライラするなどの症状です。

パニック障害

思いがけず、突然に起こる動悸や息切れ、強い不安を伴う発作が起きる病気です。

自律神経失調症

ストレスなどの刺激によって交感神経・副交感神経のバランスが崩れ、様々な症状が現れます。

適応障害

学校・会社・家庭などの環境に上手く馴染むことができず、さまざまな症状が現れる病気です。

過敏性腸症候群

ストレスなどに反応して、慢性的に下痢や便秘や腹痛を繰り返す病気です。

大人のADHD

ADHDとは発達障害の一つとされており、多動性と衝動性と不注意を特徴としております。

インフルエンザ検査

 

インフルエンザの検査方法

インフルエンザを検査する場合、簡易キットによる迅速診断を採用しています。迅速診断法とは、患者さんの鼻から粘液を採取します。その採取した粘液を判定キットの判定部に滴下します。インフルエンザ抗体の反応によって、陽性であれば判定ラインに線が浮き出る仕組みになっています。

 これにより、5~15分程度で結果がわかるので、すぐに確認することができます。

インフルエンザの治療方法について

インフルエンザと診断された方は、どのような治療を行っていくのでしょうか。まず、一般的なインフルエンザの治療について説明いたします。

 

インフルエンザの治療で大切なことは、

2018年の現時点ではインフルエンザウイルス自体を治療するお薬はない

​ということです。

 

現在主流のインフルエンザの治療薬は、ノイラミニダーゼ阻害薬といわれています。ノイラミニダーゼとは、インフルエンザウイルス表面にある糖蛋白のことで、細胞からウイルスが飛び出していく際に必要となります。この働きを阻害するだけであって、インフルエンザ自体を退治するのではなく、細胞外に広がるのを防ぐのが主な治療になります。

 すでにインフルエンザウィルスが体内の細胞外に広がった後にインフルエンザ治療薬を開始しても、治療上の効果は薄れてしまいます。インフルエンザ治療は、「早期発見・早期治療」が大原則になります。

花粉症

 

花粉症について

花粉症とは、自己免疫疾患と呼ばれる病気で、植物の花粉(主にスギ花粉)が目や鼻などの粘膜に接触することで引き起される防御反応です。これは花粉をアレルゲン(敵とみなして)として免疫細胞が攻撃することで引き起こされます。

 

日本の花粉症患者は3,000万人(4人に1人)いるといわれております。

 

花粉症は目や鼻の症状が中心ですが、思わぬ症状が認められることがあります。

花粉の飛散時期に調子が悪いと思われた方は、花粉症を疑ってみてもよいかもしれません。

 

花粉症は、もともとは無害な花粉に対して過剰に反応していることが原因です。ですので治療についても、過剰な免疫反応を抑える対症療法が中心となります。

 

内服薬や点眼薬、点鼻薬、などが用いられます。それに加えて近年では、花粉症の減感作療法が広まってきています。

花粉に過敏に反応しないよう免疫反応を起こりにくくする、根治に近い治療法になります。

 

花粉症を引き起こす主な原因はスギ花粉で、実に7~8割と言われています。

しかしスギ花粉以外でも以下の花粉でも同様の症状を引き起こします。

  • ヒノキ  ( 飛散時期:3月~ 5月 )

  • シラカバ ( 飛散時期:4月~ 6月 )

  • ブタクサ ( 飛散時期:8月~10月 )

  • イネ   ( 飛散時期:4月~ 8月 )

  • ヨモギ  ( 飛散時期:8月~10月 )

花粉以外に考えられるアレルギーの原因

  • ハウスダスト

  • 犬や猫など動物の毛

  • 果物などの食べ物

  • ダニやゴキブリ

〒460-0002
名古屋市中区丸の内1丁目5-15
TEL.052-228-7900

Menu

Contact us